EN / JP

Features

ISSUE #1-2

Post date: Sep 16,2020  Category: Design

Round Stone
Michael Anastassiades

Interview

Works

Round Stone

球形の石をブロンズで複製し、その表面に白錆加工を施した作品。1997年9月にギリシャのケファロニア島を訪れたとき、フィスカルド近郊エンプリシ・ビーチの北側にある入江で拾った石を型取りした。
10代の頃、よく何時間もかけてビーチを歩いた。完璧に丸い小石を探すために。休暇で知らない場所を訪れるたび、旅先で新しいプロジェクトが始まるのだった。ほとんど取り憑かれたかのように、偶然が生み出す究極の造形との出会いを求めていた。ときどき砂に半分埋まった小石に目が留まり、胸が高鳴った。表面の形がそのまま裏面に続いていることを祈って拾い上げた。コレクションはどんどん大きくなったが、どんな石にも個別の美しさがあることに気づいたのは最近のことである。
  —————— マイケル・アナスタシアデス

Round Stone

Bronze replica of a round stone in white patina.
The stone was found in a cove north of Emplisi beach, near Fiscardo in Cephalonia, Greece in September 1997.
I remember as a teenager, I used to spend hours walking along the beach, searching for the perfectly round pebble. Every holiday, every journey to another place became a project, an obsession to find the ultimate accidental formation. Sometimes, I would get excited when I spotted a pebble half-buried in the sand and I would pray that, when I picked it up, there would be nothing distorting its shape. Only now do I look at this big collection of stones and see how beautifully different they are.
  —————— Michael Anastassiades

Michael Anastassiades, “Round Stone,” 2020, White patinated cast bronze, ca. Φ 45mm. Photo: Alexandros Pissourios

Michael Anastassiades, “Round Stone,” 2020, White patinated cast bronze, ca. Φ 45mm. Photo: Alexandros Pissourios


翻訳:奥村雄樹


図版すべて:© Michael Anastassiades
協力:Studio Michael Anastassiades


All Images © Michael Anastassiades
Special thanks to Studio Michael Anastassiades

About

マイケル・アナスタシアデスは、ロンドンを拠点として活動するキプロス出身のデザイナーです。プロダクト・デザインから空間への介入や実験的な作品まで、彼の実践は多岐に渡っており、しばしば複数の創作分野を超えて展開していきます。
20年以上の活動歴のなかでアナスタシアデスが生み出してきた照明や家具やオブジェクトを特徴づけるのは、テクノロジーや素材や機能のポエティックかつ厳格な解釈です。
彼はさまざまな着想源に感化されつつ、それらを純粋で簡潔な構造へと結実させることで作品を構築していきます。そこでは、自然、故国キプロスの古代文化、モダニズムの歴史、個人的な記憶、アート、日々の生活といった豊富な参照先が呼び出され、時代を超えた多様な形態の語彙へと姿を変えていきます。
インダストリアルな製造と職人的なテクニックの双方に目を向け、即興性と構造性、制御と直観との鮮烈で繊細なバランスを探りながら、アナスタシアデスの実践は拡張を続けるのです。

 

Michael Anastassiades is a Cypriot-born, London-based designer whose practice encompasses product, spatial interventions, and experimental works, often transcending the distinctions between different fields of creativity.
In a career of more than 20 years, Anastassiades conceived lights, furniture, and objects characterized by a poetic yet rigorous interpretation of technology, materials, and functions.
His work draws inspiration from different sources and distills them in pure, simple structures: from nature to archaic references of his native Cyprus, from the history of modernism to very personal memories, art and the everyday life, a rich set of references is evoked only to be transformed into a timeless vocabulary of forms.
Anastassiades’ practice contemplates both industrial production and artisanal techniques, and in doing so it expands into a vivid, nuanced balance between improvisation and structure, control and intuition.

 

Photo: Eirini Vourloumis

Photo: Eirini Vourloumis

Biography


Michael Anastassiades


マイケル・アナスタシアデスはインペリアル・カレッジで土木工学の教育を受けたのち、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートにてインダストリアル・デザインの修士号を取得。1994年にロンドンにスタジオを構える。
近年の主な個展として「連れ合う事物たち」NiMAC(ニコシア、2019年)、「銀の舌で」SHOP Taka Ishii Gallery(香港、2019年)、「13点のモビール」Atelier Jesper(ブリュッセル、2017年)、「時間と光について為されること」Rodeo Gallery(イスタンブール、2015年)、「現在のページをリロードせよ」ポイント現代美術センター(ニコシア、2014年)、「完璧に気兼ねなく」スヴェンスクト・テン(ストックホルム、2013年)、「幾度も再び」MAK(ウィーン、2012年)、欧州議会におけるキプロスのEU議長国(ブリュッセル、2012年)、「キネティックな光2黄金の振り子」ノーフォーク・ハウス音楽室、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(ロンドン、2010年)などがある。彼の作品はニューヨーク近代美術館(ニューヨーク)、シカゴ美術館(シカゴ)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(ロンドン)、MAK(ウィーン)、クラフツ・カウンシル(ロンドン)、FRACセンター(オルレアン)、そしてセントルイス美術館(セントルイス)にコレクションされ、常設展で紹介されている。
アナスタシアデスはロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツからロイヤル・デザイナー・オブ・インダストリー(RDI)の称号を授与されており、セントラル・セント・マーティンズ(ロンドン)やECAL(ローザンヌ)といった国際的な機関で教育に携わっている。
アナスタシアデスのスタジオは、FlosB&B Italia、ハーマン・ミラー、カッシーナ、 バング&オルフセン、PuiforcatFratelli Fantini SpA、ロブマイヤー、スヴェンスクト・テン、Carl AuböckSigmarCoeditionSCPなど、さまざまな製造元とコラボレーションをこれまで展開している。さらに彼は、Nilufar Gallery(ミラン)、Dansk Mobelkunst(コペンハーゲン)、そしてタカ・イシイギャラリーのために、リミテッド・エディションの特別作品を手がけている。

 


Michael Anastassiades


Michael Anastassiades founded his studio in London in 1994. He trained as a civil engineer at London’s Imperial College of Science Technology and Medicine before taking a master’s degree in industrial design at the Royal College of Art.
Recent solo exhibitions include ‘Things That Go Together,’ NiMAC, Nicosia (2019); ‘Silver Tongued,’ SHOP Taka Ishii Gallery, Hong Kong (2019); ‘13 Mobiles,’ Atelier Jesper,  Brussels (2017); ‘Doings on Time and Light,’ Rodeo Gallery, Istanbul (2015); ‘Reload the Current Page,’ Point Centre for Contemporary Arts Nicosia, Cyprus (2014); ‘To Be Perfectly Frank,’ Svenskt Tenn, Stockholm (2013); ‘Time And Again,’ MAK, Vienna (2012), Cyprus Presidency at the European Parliament,  Brussels (2012); ‘Kinetic Light 2 – Gold Pendulum,’ Norfolk House music room at the Victoria & Albert Museum, London (2010). His work is featured in permanent collections at the Museum of Modern Art, New York, the Art Institute of Chicago, the Victoria & Albert Museum, London, the MAK, Vienna, the Crafts Council, London, the FRAC Centre, Orleans, France and The Saint Louis Art Museum, St. Louis.
Anastassiades is a Royal Designer for Industry (RDI) at the Royal Society of Arts. He is involved in educational programmes at international institutions such as Central Saint Martins, University of the Arts London and ECAL, Lausanne.
The studio has collaborated with various manufacturers including Flos, B&B Italia, Herman Miller, Cassina, Bang & Olufsen, Puiforcat, Fratelli Fantini SpA, Lobmeyr, Salvatori, Svenskt Tenn, Carl Auböck/Sigmar, Coedition and SCP. He has designed signature limited edition collections for Nilufar Gallery, Milan, Dansk Mobelkunst, Copenhagen and Taka Ishii Gallery.

 


作品のビューイングをアポイントメント制にて承ります。
ご希望の方は以下コンタクトフォーム、またはお電話よりお問い合わせください。

コンタクトフォームからお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ Tel: 03 6434 7010

安心して作品をご覧いただけるよう様々な感染症対策を徹底してまいります。
弊社の感染症対策についてはこちらをご参照ください。

 


Available works online can be viewed at our private viewing site and also, by appointment.
Please contact us through our contact form below.

Contact Form
Tel: +81 (0) 3 6434 7010

We take all the necessary measures in order to ensure the safety of visitors and our staff.